よくある質問

 めまいの原因となる病気は沢山あって、生死に関わるものもありますが、しかし日常、私共の外来を訪れる例の多くはさほど心配のないものなのです。 とは申しましても・・・ある朝起床時に突然ぐるぐる回る激しいめまいに襲われたら誰でもびっくりします。気分が悪くなり、嘔吐、嘔気は不安感を助長して、パニック状態になります。その際、日頃、高血圧、高コレステロール、メタボ、などと言われているあなたの場合、脳裏に浮かぶことは、「とうとうアタマに来たか」と思うことでしょうね・・・。救急車を呼んで脳外科病院へ、となるのも無理からぬことと思われます。
 さて、脳外科の病院でCT、MRI、を調べた結果、中枢(脳の中)は所見がなく、恐らく末梢性(耳など)でしょうということになり、耳鼻科に回ってくる・・・というのがよくある流れです。では、パニックにならないためにはどうするのか。まず冷静になりましょう。
そして以下に述べる中枢(脳)に原因する場合の症状を検討して下さい。
•意識はどうですか? 激しいめまいはあっても意識ははっきりしている...いいですねえ。
•手、足に麻痺、シビレ...うまく歩けぬ、物をつかめない、力が入らない...という症状は? .ない...よろしい。
•激しい頭痛や、唇がゆがむ、言葉がもつれる。二重に見える...はいかがですか? ない...ますますいいですねえ。
•他に耳症状..。聴力、耳鳴りはどうでしょうか? それもないなら少しもあわてることはありません。

 前置きが長くなりましたが、私共の外来でみられる、めまいの患者さんの90%くらいは、さしたる心配のない、生死と関わりのないタイプです。その代表的なものの一つが良性発作性頭位めまい(Benign Paroxymal Positional Vertigo=B.P.P.V.)です。日本語の診断名が長いので、私達はB.P.P.Vと呼んでいます。
症状を挙げてみます。
•夜中にトイレに起きた時、寝返り、急にうつむく、振り返るなど、体位(頭位)を急に変える瞬間に発症する(発作性・体位性)
•何回かめまいが生ずるのと同じ体位変換を繰り返していると徐々にめまいが弱まり、治まってくる。
•しばらく休んで同じ体位をとると、まためまいが生ずる
•耳症状(難聴・耳鳴りなど)はない
•脳の障害の症状(前述)を欠き、生死に関わりがない

原因は三半規管(耳の中にある感覚器の一つで、三次元に組み合わされた三つの輪で構成されており、その輪の中の液の流れで身体の動きを感じ取ります)の中に小さいゴミが生じて、これが管内を移動したり付着することでめまいが起きると考えられています。
治療は上に述べたように、小さいゴミの浮遊する原因そのものははっきりしておらず薬物治療(点滴を含む)はあまり意味がなくほとんど効きません。現在は理学療法(めまい体操)でゴミを分散させたり、追い出す方法が一般的です。また、この小さなゴミは自然に排泄・沈殿して2-3日から2週間程で症状が軽減する場合も多く見られます。

 以上、近年話題のB.P.P.V.について簡単に説明しましたが、前置きに述べたように急性のめまいの多くは生命の心配の無いタイプ(良性のめまい)です。例えば更年期症状、自律神経失調症、メニエール氏病、などが挙げられます。生命に関わる(悪性のめまい)はむしろ慢性に経過するタイプに多く、軽い歩行障害とか、片耳の聴力低下、頭痛、薬物の副作用(安定剤の多種服用、抗がん剤)などの訴えの中に見逃すと重大な結果を生ずるものが少なくありません。
 終わりにめまいについてお話を始めたら何冊もの本になってしまいます。更に整形外科、眼科、内科、婦人科、精神科・・・他科に原因のあるタイプもあり広い知識や経験を積まないと扱いきれません。本日ここで述べたことは「めまい即アタマに来たか」と短絡的考えに走らず落ちついて対処して下さるように、というのが主旨です。意識さえはっきりしていれば、急な激しいめまいだとしても恐れる程のことはありません。

よくある質問トップへ戻る >

診療科目

耳鼻咽喉科、小児耳鼻咽喉科、気管食道科、アレルギー科

 
午前 × ×
午後 × ×

午前(9:30~12:30)
午後(15:30~19:00)
※土曜は18:00まで

休診日:木曜日、日曜日、祝祭日

詳しい診療時間をみる

初めてお越しの方へ

アクセス

アクセス詳細をみる

〒177-0044
東京都練馬区上石神井3-4-11

TEL.03-3594-8733

西武バス(荻14系統)「井草通り」停留所前

○西武新宿線上石神井駅より徒歩11分
上井草駅より徒歩12分

駐車場5台を完備しております

ページトップへ